TOPへ  >   戻る

レンゲ日記


レンゲ日記のこえ

解除後の二十九年に日本民主党を結成、総裁となり、同年十二月に念願の首相となった。
持病の脳溢血の後遣症で悩み、三十一年に総辞職、以来白宅で静養につとめていたが、三十四年に死去した。
静養期間中はボンサイによって慰められていた関係から、十二月六、七の両日に日本ボンサイ会が主催し、文京区の椿山荘で、追悼のボンサイ展が開かれた。
会場の椿山荘は一日に五十万円の席料をとるのが普通だが、この日は無料。
岸信介総理、大野伴睦、松村謙三など政界の重鎮や経済界の有力者が綺羅星の如くやってきた。
祭壇には前首相の写真を飾り、その両側に初めて買い以後愛培しつ、づけたボンサイと水石、死ぬ間際に買った五葉松など が飾られた。
このボンサイ展は政界人にボンサイを普及さ せる一つのいしずえともなった。
自由主義者のレッテルをはられ、憲兵隊に監禁されるなど 悶々の日々を送っているとき、慰められたものが 漢詩と園芸であった。
公 職追放を受けたのを機に、自由党総裁に推されて 組閣、以来二十九年まで首斑となった。
この間憲職し、政界を退いた、昭和四+二年に没する圭。
大磯で、几老的存在として、政府・自民党に強い影響力を持ったが、一日として欠かさず犬を連れて散歩し、」ボンサイを見ては楽しんだ(ただしこの人は水やりなどやることはなく、すべて秘書まかせであった)。
彼は引退後、各種団体の会長職になるのを極端毒ったのであ.たが、喋壌嘆婁長就ヂば心嵐←引受けた。
同協会は昭租但十年二月棒社」団法人どして認可され、その初代会長に燧ばれたわけだが情副会長には岸信介(元首相)」河合良成・二嘱唄,小松製作所社長)裏ばれた」、轟認ー絶注大磯の轟苓るこ圭な章たザが、、4♂,・・・12の九霞園・村田久造の話を聞いては唱を細功る・」.ようにして喜び、発会式や国風展にも出席tた。
、寸ハみ高讐.ちので、」国風展盃肇萱〓.一休衆.疲忙がとれをとまた観償す耄ぎ今巨 全部を見終ら方いと気がすまず、見終ダと非哺上、二」旺+二享」こ吉に死考ぷ寸承携澗響・・あ参列意の倣僅簿舞琢}鯲騾の如捲催し牟・拍聘するという杉をとっノ。
開かれた.宮内晶された.会場の広さは約三千坪であったが、不思議とフランス式西庭園にボンサイは融け込み、記念の樹や思いでの鉢、名吊が出された.人間が巨ナであっただけに、ボンサイ会のスケールも大きな.内F容のあるものとなり、遺徹を偶ばせるに十分、で噺政界人の馨盆葵。
は行われ漂ぜ界硲灘合行われないのは、震黎を発揮ユ肇妹めら榔・出鱗綿鎖鱗灘盥

TOPへ  >   戻る
ペットの抜け毛取りブラシ ピロコーム   ピロコームとは  Philocomb   犬の基本的性格, 日曜ブドウ園,
inserted by FC2 system