TOPへ  >   戻る

レンゲ日記


レンゲ日記のこえ

ウメモドキは大型の小品からの改作。
頭部を飛ばし、模様樹だった樹形のーの枝を左に伸ばし、印象を変えている。
この差し枝風の枝の作りに注目していただきたい。
写真ではやや判かりにくいのだが、太幹で単幹の灰色の幹によく合う流れとなっている。
上下に強く振れたり、あっさりと伸ばしていくバランスも参考になるだろう。
幹の右側の枝は短く庭木の新梢の曲付けした素材から仕立てた作品を紹介したい。
文字通りただグニャグニャと曲げた1本の枝から、約10年で作り上げている。
その最初の姿。
約2年枝である。
曲の基部のコブのような部分が、現在の立ち上がりから折れ曲がる太い幹である。
その後根接ぎ、呼び接ぎなどをして、現在の足元の座は舫p。
モミジ作りのなかでも傑作のひとつ。
作出の記録としても極めて珍しい、技術的な積み重ねで作られている。

TOPへ  >   戻る
犬猫うさぎの抜け毛取りブラシ ピロコーム   ピロコームの詳細説明  Philocomb   犬の基本的性格, 日曜ブドウ園,
inserted by FC2 system