TOPへ  >   戻る

レンゲ日記


レンゲ日記のこえ

剪定、 芽吹きが旺盛な樹種のため、各枝の岐部などからヤゴ芽が多く吹きます。
これを放置するとその部分がコブ状に膨らみ樹姿を乱す原因になるので、不要なものは見つけ次第取り除くようにしましょう。
一度完成を見た枝であっても、時を重ねれば次第にゴツゴツとしてきます。
何年かに一度は思い切った切り戻しを行ない、枝の若返りを図りましょう。
肉巻きが良いため太枝を切除しても灼け込む心配はありませんが、それでも切断面には癒合剤を塗布するようにしましょう。
花が咲けばほぼ確実に結実し、長期に渡って実を止めますが、結実した状態というのは樹にとって大きな負担を強いります。
不要な実は早めに間引き、樹の負担を軽くしてあげましょう。
形成層の変化と、剥皮の効果は、 今年は、どういうわけか例年になくたくさんの真柏を手入れするハメになった。
真柏の手入れと言えぱ、植え替え、勢定、整姿(針金かけ)、剥皮と行なう作業は切りがないほどあるが、ここで取り上げたいのは、剥皮に絡む問題である。
日本家猫・三毛家猫
子家猫に試してみました。
まだ生後2ヶ月位の家猫なのでそんなに毛も生 えてませんが、一緒に寝たがるし、一緒に寝れば、目に見えないような細い抜け毛が あるみたいで、チクチクイガイガするし、このままだと人間が病気になるかも。
と不安に思ってる所で、こちらのペット用品を発見しました。

 子家猫なので、始めはびっくりしましたが、どうやら気持ちいいみたいでうとうとし ておりました。
毛も別に抜け毛の季節でもないけど、そこそことれました。
これで私も安心して一緒に眠れます。

ロシアンブルー&ラグドール
まだ少ししか試していませんが、我が家の家猫たちには受けが良いようです。
落ち着いるときにじっくり試したら、もっと喜ばれると思いました。


お好み  TOPへ > 戻る
inserted by FC2 system