TOPへ  >   戻る

レンゲ日記


レンゲ日記のこえ

鳥が食肉のために飼われるばあい、そのねらいは鳥をできるだけ早く最大の重さまで育てることにある。
その重さは、鳥の用途に応じて一・四-三・ニキログラムぐらいになる。
優良品種のめんどりは、年間二〇〇個以上の卵を産むといわれる。
ロード・アイランド種とレグホン種は、一個当たりの平均重量が約六四グラムの卵を二一〇ーニニO個産む。
最優秀なニワトリは、年間二四〇ー二六〇個の卵を産み、わずかではあるが三〇〇個くらいを産むニワトリもいる。
ある品種は七一グラムほどの卵を産む。
けれども、こういうニワトリの卵の年間生産量は、もっと軽い卵を産むニワトリよりも少ない。
クジャク一羽の値段は一万ド」フクマ 私たちの経済機構、および利潤追求の時代にあって、装飾的な家禽の飼育は、みじめなほど少なくなっている。
チャボ、ホロホロチョウ、クジャクやキジなどは、かつて非常に入気があった。
かれらは人間の目に満足感を与えたが、同時にかれらの別な用途もけっして忘れ去られていなかった。
まもなく、庭園や果樹園の生きた装飾品は、むし焼き鍋のなかへと消えていった。
クジャクは、もっとも古くて、もっとも派手な装飾鳥であると考えられている。
クジャクも最初はインドから輸入された。
クジャクはインド入にとって聖なるものであったのでーまた、こんにちでもヒンズー人にとっては同様であるが1西洋から来た商人たちは、この鳥にたいして高い代価を支払ったにちがいない。

TOPへ  >   戻る
犬猫うさぎの抜け毛取りブラシ ピロコーム   ピロコームの詳細説明  Philocomb   犬の基本的性格, ピロコームの動画, 日曜ブドウ園,
inserted by FC2 system