家族全員で公園に向かった。
この日は保健所が子犬を引きとって欲しいと言う日だ。
どんな犬が良いのか分からなかったが皆で決めようというので、家族4人全員で行ったのだ。
他の人も沢山集まっていて複数の人が欲しい犬は抽選になるらしい。
近頃、ペットは家族として大きな役割を持ちます。
わんちゃんや猫ちゃんは家族として大切に扱われています。
また、手入れ用品もいろいろと有ります。
手入れ用品は、優しさを優先しますか、それとも効率を優先しますか。
稲が植えられた田んぼは温かくお風呂のようです。
稲と稲の間を腹這いになって暖かい水に漬かっていました。
とろとろとした土の感触は腹に心地よいものでした。
田んぼの赤ガエルですょん。
夜になったら歌いましょう。
最初に見たのがタマが捕まえて来た虫。
家族が蝉の幼虫だと教えてくれて植木鉢に止まらせてくれたのです。
それはびっくりする驚きでした。
そして何度も探しましたが、滅多に見付けることはできなかったのです。
都会にも田舎にも家の近くにヒヨドリが居ます。
ヒヨドリは人に馴れるので手からエサを食べるようになりますよ。
気の強い鳥でカラスに喧嘩を売ることもあります。
逃げる蛾を空中でキャッチする素早さもあります。
ポルポトの居た国はどんな国だと思いますか? 暗黒時代の真っ只中の気がします。
毛沢東に学んで、徹底的に実行したのですね。
Link
ペットの抜け毛取り ピロコーム  ピロコームの詳細説明 
動物と本能は自然の環境が地球の歴史を通して、野生の動物がしだいに発展していくのに影響をおよぼしているが、その自然のなかに生きている動物たちは、ある意味で人間が失ってしまっている楽園に住んでいるのだ。
野生の動物の心に湧いてくる個々の動機は、すべて「善なる」ものである。
つまり、心の内面の源泉から由来するすべての本能的な衝動とは、最終的には特定の動物およびその種全体にとってよい貢献をするはずのものなのである。
自然状態の野生の動物にとっては、自然な性向と「やらなければならない」こととのあいだにはなんら矛盾が存在しないか、これこそ人間が失った楽園にほかならない。
人間の高度な精神的能力の結実は文化の発達であり、なかんずく言語と抽象的な思考の能力と、一般化された知識の蓄積およびその伝統的な継承である。
これらのすべてが、人間の歴史的な進化を、純粋に器官の系統的発達にのみしぼられている他のすべての生 き物よりも、数千倍も速い速度で達成させるという結果をもたらした。
しかし、本能と 人間が生まれながら身にそなえている行為と反応とは、はるかに遅い器質上の発達しか 示さず、文化の発展とは歩調をあわせることかできなかった。
「自然な性向」は、人間の知性によっておおむね変えられてしまった人間の文化の条件 には、もはや適合しなくなっている。
人は生まれながらにして「悪」ではないか、その 身に課される文明化された社会の要求に十分こたえるほどには、善でもない。
野生の動 物と比較して文化的な人間はこの意味ではすべての人間は文化人であるとは、もはやその本能に盲目的にたよることはできない。
本能の多くは、礼会か個人に課する要求 とあからさまに対立するので、非常に素朴な人間は、自分が反社会的である と悟らずにはいられない。
 本能の声は、個体と種の利益のために語りかけるがゆえに、野生の動物は抑制されず にそれに従うが、それは人間がたんに従うべきであるのみならず従わねばならない他の 衝動と同じことばで語りかけるがゆえに、それは人間にとっては破滅への囁きとなり、 いっそう危険なものとなることが非常に多い。
従って人間は、意識的な思考の助け を借りて、抱いた衝動の一つ一つを検討し、人間が創造した文化的な価値をそこなわず、それに身を委ねうるかどうか自問することを余儀なくされる。
人間に、一定の狭い環境条件での、安全で、動物的な本能的存在となることを放棄するように強いたものは、 知恵の実であった。
しかしそれは、人間に、自分の環境を世界的な規模で拡大する 力をあたえ、重大な質問を投げかけもした。
身内の衝動におぼれてもよいのだろうか?。
そうすることによって、われわれ人間社会の至高の価値を危険に晒す事にならないだろうか? と。
なかでも、人間社会の一員として我々は全体にたいする部分に過ぎないという認識をせざるをえないのは意識的な思考であり、社会のでみたることのこの認識から良心が生まれ、ここから必然的にわれわれは次の問に直面する。
内面的な衝動がやれとうながすすべてのことをやってのけると、はたしてどういうことが起こるのだろうか。
これは、絶対的な問いかけにたいするカントの教えの生物学的翻訳である。
すなわち、私の行為の大前提を自然の普遍的法則の水準にま至局めることができるだろうか、そして その結果は理性に反するものとなるだろうか? と。
輝く被毛はゴールデン・レトリーバー フラットコーテッド・レトリーバー ボーダー・コリー  我輩は猫王メインクーン  ペット好きのパピヨン  踵齧りウエルッシュ・コーギー・ペンブローク  世界のネコ 
言葉の最も高度に人間的な意味での道徳は、どんな動物も持って居ない精神的な能力を前提とするが、逆に、人間的責任は、感情の一定の基盤がなければ、それ自体存在不可能である。
人間においても、責任感は心のなかの本能的な深い「層」に根をもっており、冷い理性が肯定するすべてのことを、罰をうけずにやれるとはかぎらないのであるが本能が善なら人間も善であるはずだが、倫理的な動機かある行為を十分に正当化する一方で、内面的な感情がそれに反逆する。
そのような場合に、感情よりは理性の声に耳を傾ける人間には、苦悩が生まれる。
このことに関連して、私は短い逸話を語りたい。
数年前、動物学研究所で、私は死んだネズミ類を常食とするたくさんの大蛇たちの子どもの飼育を担当していた。
子どものニシキヘビにとって何よりのごちそうは、成長しきったネズミであり、一週間に二回、私は六匹のヘビのためにネズミを殺し、彼らは私の手から全く大人しくそれを食べた。
非常にかわいらしい小さな生き物であった。
だから私は、彼らを餌にするのが嫌でたまらなかった。
私は研究所のネズミを以前よりもうんと減らしてしまい、そのために動物飼育部の怒りをまねくことになってからはじめて、しぶしぶラットの子を餌に使ったものであった。
私は、自分が経験をつんだ動物学者なのか、それとも感傷的な老婆み たいな奴なのかと自問しては心を鬼にし、六匹のラットの子を殺して、自分の責任でヘ ビを養った。
倫理学の立場からは、この行為は絶対に正当化できるものであった。
年とったネズミを殺すことと同じく、子どものラットを殺すことにはなんらとがむべきすじあいはない、と理性は告げていたからである。
しかし、そうしたことのすべ ては、人間の魂のもっとも奥深いところにひそむ、深い感情を糊塗してくれるものでは ない。
この場合には、理性の声に耳を傾け、この幼児殺しをやめさせようとする感情を 押さえつけるのをみすがらに許したことについて、私は高価な償いをしなければならな かった。
すくなくとも一週間は、私は夜ごとにその夢をみた。
毎晩私は殺戮をくり返す 破目となった。
夢のなかでは、ラットの子だらけ、現実よりもずっと心に強く訴える可愛らしい様子で現れた。
彼らは人間の赤ん坊の顔をして、人間の声で泣き、私かその頭を何度床にたたきつけてもこの種の小さい動物を最もすばやく、苦痛なしに死なせる方法であるが死ななかった。
私は、地獄の幻想にいろどられたこの夢の恐怖を、さらに詳細に語る気持にはなれない。
私がこのラットの子たちを殺すことで招いた傷が、軽度のノイローゼに近い状態にさせたことは疑いない。
いずれにしても、私はこのことから一つの教訓を得て、それ以来感傷的になったり、内面の感情の声に耳を傾けたりすることをけっして恥ずかしく思わなくなった。
絶対的な命令か、いかに筋道をたてて内面の感情を無視することを命じたとしても。
この理由で、私は生体解剖を必要とする研究に従事することができない。
もっとも、それを道徳的な見地から、全面的に非難することはできないけれども。
六匹の小さなラットの子を殺すことによってこうむった精神的な打撃の程度を考えてみるとき、たとえもっとも高い倫理的な動機によったにしても、ふつうの人間が人を殺すことをおさえる禁制を破った場合の経験がどんなものであるかは、容易に想像できる。
あの死んだラットの子か数晩にわたって私の夢に取りついたのだとしたら。
感情の奥深くに根ざした悔恨の一のかたちは、非常に発達した社会的な動物の心理のなかにも対応するものが存在している。
私は、この結論をひきだすもととなったペットの一つの行動の型を、しばしば観察した。
私のフレンチ・ブルドッグについてはすでに述べた。
老年に達していたが、まだ非常にかんが強かった。
可哀そうなペットにとってはひどい打撃だった。
嫉妬のためにこの老犬、がどれ程苦しむかを知っていたら、私はおそらく美しいペットを連れて帰らなかっただろう。
数日の間、雰囲気は緊張につつまれて重苦しく、やがてそれは私かかつて目撃したうちでも、もっともむごいペットのたたかいとなって爆発した。
しかもそれは、通常はもっとも相容れない仇敵同士ですら休戦を結ぶ、主人の部屋で行なわれた唯一のものであった。
私か戦士たちを引き離していたとき、ペットは偶然、私の右小指の関節をはげしく噛んだ。
それで闘争は終わりを告げたが、哀れなペットがかつてうけたうちでも、もっとも激しい衝撃を神経組織にこうむった。
彼は完全にまいってしまい、私か叱言をいわず、実際には撫でてやって慰めたにもかかわらず、不幸の重荷に耐えかねて麻庫してしまったように敷物の上に横たわり、起き上がることができなかった。
彼は熱にうかされたように小きざみに体をふるわせ、ひっきりなしに大きなふるえか全身をよぎるのであった。
その呼吸は非常に浅く、しかしときどき痛む胸から深い溜息かもれ、目には大つぶの涙かあふれていた。
彼が文字どおり立ち上かれなかったので、私は日に何度となく道路まで運んでやられはならなかった。
するとペットは自力でもどってきたが、神経にうけた打撃で筋肉の調子かひどく狂ってしまった。
[戻る]
inserted by FC2 system