TOPへ  >   戻る

レンゲ日記


レンゲ日記のこえ

蝦夷松は、その名の通り日本では北海道にだけ自生するものであり、内地には自生は見られない。
ボンサイ界に登場したのは明治30年代頃と言われている。
当時の北海道は一般の通念では今日の感情からすれば、ヒマラヤか南米ほどにも精神的距離のあった地域である。
未知の世界からの優れた素質をもった素材の出現は、ボンサイ入の期欝と感動をもって迎えられたことと思われる。
は明治44年に北海道に渡り、各地の蝦夷松地帯を歩き、自生状態を調査し、ボンサイの素材を探したが、苦心にもかかわらず優秀な素材の入手は容易ではなかったと伝られている。
大正6年頃、国後から素材の採取の道が拓け、活況を呈した、と三国われる。
後に北海道長官の理解ある計らいもあり、地元の人にとっては有利な収入源ともなり、両者相まって葉材は豊富に供給され、特に大宮ボンサイ村は別名蝦夷松園とも言われる程、毎年現地に出張して買い付け、大量に供給し、培養、作品の創作に専念した。
国後の蝦夷松は北海の厳しい自然の中で(ツンドラ地帯)幾百年の歳月を経る中で、風雪 に倒壊したものが、自然の取木状となり、発根したものもあり素材としては願望通りのものも多かったと言われ、ときの逓信大臣はその魅力に感動し、数年にして蝦夷松だけで、その数は1万鉢と三目われるほどの蒐集家として、名を轟かせた。

スコティッシュ・フォールド
ペット用品、本当によくとれますね。
ウチのような短毛種でも、ブラシの向きでゴッソリです。
ピン状のブラシだと皮膚に負担がかかるし、ゴム製のものだと、毛の後始末が大変。
その2つのイイトコ取りのようなブラシでした。
ただ、遊び道具かと勘違いしたウチのコは、いきなりガブガブやってしまい、歯を広げてしまいました(汗)

日本家猫4匹
早速使ってみましたら、4匹とも、とても気持ちよさそうにしていました。
お部屋の中で梳かしても散らからず、とても満足しております。
皮膚にも優しいようで、嫌がりません。
持つのにもとても安定感があり、使いやすいですね。

日本家猫2匹
我が家の家猫2匹に試してみたところ、
中の綿のような毛が良く取れ、気持ちも良いみたいです。
特に今までのブラシではとどかなかった、
頭や耳の後、首周りがペット用品では簡単にでき喜んでおります。


TOPへ  >   戻る
ペットの抜け毛取りブラシ ピロコーム   ピロコームとは  Philocomb   犬の基本的性格, ピロコームの動画, 日曜ブドウ園,
inserted by FC2 system