TOPへ  >   戻る

レンゲ日記


レンゲ日記のこえ

ピラカンサは常緑樹で寒さにも強く園芸品も多い。
中国南西部から南欧の原産である。
垣根などでも利用される、ごく一般的な樹種である。
実生樹も鳥の運んだ白生樹が、崖や山地に生えることがあり、半ば山採りのような素材も採取が可能である。
挿し木、取り木、実生が簡単な樹である。
このごく普通の素材であるピラカンサも、ボンサイ樹として見ると全く別の姿となる。
ありふれた樹種であるが、なかなかに面白い素材なのである。
見どころのポイントとしては、第1に好樹が少ないこと。
つまり素材作りの穴場のひとつなのである。
園芸種も数多いが、ボンサイとしては赤実種、黄実種の2タイプが普通。
その他実生の変異や園芸種の利用もあり、葉の形(丸葉〜細葉)、つやなど変化も多い。
この他、タチバナモドキと呼ばれる野性味のある種も有望。
黄実のピラカンサが幹の荒れ方もよく、古木感が出るとされていた作品が可能で、さほどの差はない。
要は樹形や素材作りの第1歩である骨格で、良し悪しが決まると考えてよいだろう。
ここでは2タイプのピラカンサの素材の取り木を紹介していきたい。
スコティッシュ・ホールド
早速使ってみると、もう 最高でした!
うちの やまと(家猫・スコティッシュ)は 今までゴム製のグルーミングブラシですいていたので 毛がすごく飛び散るので、風呂場でやっていました。
でもやまとの気分次第で、風呂場に行くのを嫌がる時もあるので、その気にさせるのが 大変なときもありました。
でも ペット用品なら部屋にいながら すけるので、すごくいいです!

日本家猫
家猫たちに試してみましたところ、とても、気持ち良さそうにしています。
とれた毛もうまくまとまり、便利……と思いました。

もう少し横幅が広くても良いように思いますが、このサイズには理由があるのでしょうね。


子家猫と同じくらい毛が極細であちこち舞ってたいへんなのです。
ペット用品でも、やはり毛が舞ってしまいしっかり取ることができませんでした。
もう一匹の毛質がふつうの子に使用しましたら、ものっすごいゴッソリ取れたので、良い商品だと思います。
もう少し毛がながかったら、また違った結果になったかも。


TOPへ  >   戻る
ペットの抜け毛取りブラシ ピロコーム   ピロコームとは  Philocomb   犬の基本的性格, 日曜ブドウ園,
inserted by FC2 system